B.A.U.M. Consult GmbH(ドイツ)


B.A.U.M.について

B.A.U.M. e.V. (“Bundesdeutscher Arbeitskreis für Umweltbewusstes Management” – “環境経営のためのドイツ連邦ワーキンググループ”の頭文字をとって命名)は非党派、非営利の社団(e.V.)として1984年に設立されました。以来、経済的、生態学的、社会的な問題、すなわち持続可能性の原則を組み合わせることで実績をあげ、未来志向をしています。現在、550社を超えるメンバーを擁し、ヨーロッパで持続可能なビジネスのための最大級の企業ネットワークとなっています。ジーメンスやエアバスなど多くの有名な企業が会員となっており、キヤノン、京セラ、パナソニック等日本の現地法人もメンバーです。また、B.A.U.M.環境賞は、ドイツで最も権威のあるサステナビリティアワードの1つです。一方、B.A.U.M.とそのメンバー企業も、 EU委員会や国連環境計画などから数々の賞を受賞しています。
このB.A.U.M.協会で開発されたアイデアを実施するために1991年、B.A.U.M. Consult社は設立されました。同社は、エネルギーと気候保護、地域開発とマーケティング、再生可能エネルギー、EUプロジェクトの管理等の分野に様々なソリューションを提供しています。ハンブルクの事務所に加えて、ベルリン、ミュンヘン、シュトゥットガルト、ハムの地域事務所がドイツで活動しています。