谷口 信雄

B.A.U.M. Consult Japan代表者
気候危機が迫る中、持続可能社会づくりをスピードをもって進める方法として、「企業利益=環境利益」とするエコノミー転換が有効であると考えます。ドイツで言うところの「エネルギーヴェンデ(転換)」を地域エコノミーヴェンデ(地域循環共生圏)として進めるのです。私たちは、これを日独合弁の環境ソーシャルビジネスとして、ドイツ人アドバイザーの協力を得て、自治体や地域に貢献する企業等との連携で推進したいと思います。

谷口 信雄

ヨハネス・アウゲ

ドイツB.A.U.M. Consultグループ代表者
気候変動と原子炉大災害は、ドイツのエネルギー転換につながり、ドイツの社会変革は時代の先導者となってきています。B.A.U.M.コンサルト(独)は、EMS認定からエコプロフィットまで多様なサービスを提供しています。そこでは、自律、活性化、権限移譲、イノベーションおよび実装支援などの付加価値を持つ様々な方法を取り入れています。また、環境技術提供者との大規模ネットワークを有し、皆様に最新の技術情報を提供し、開発者とのネットワークを構築することができます。私たちは、ドイツの先進的手法を日本に伝え、日本の社会変化に貢献する為に、B.A.U.M. Consult Japanを設立しました。

ヨハネス・アウゲ

マンフレド・ラウシェン

ドイツÖkozentrum NRW代表者
私は、これまで多くの独日プロジェクトに関わってきました。中でも特に、独日エネルギー転換評議会(GJETC)の活動を通して得た知見、「気候保護と持続可能な開発における国際協力」が、今後重要になってくると考えています。その為にも、ある国で成功した問題解決法が他の国においても実装される事、同時に環境保護のために必要な革新的技術を急速に普及させる事が必要であると考えています。こうした活動を継続することが、独日相互の利益享受に繋がり、この関係性こそが、世界中の技術的な模範となることを信じています。

マンフレド・ラウシェン