グループワークによる
持続可能経営推進プログラム

ECOPROFITとは

行政と地域の企業群が一体化して環境活動を推進し、地域の持続可能な経済発展を促す、ドイツを中心にヨーロッパで広く導入されているプログラムです。

異業種異分野の企業群が参加して実施するワークショップと、参加企業に対する個別コンサルティングを一年間継続し、環境経営の取組を実践します。

  • 環境配慮の視点をもって無駄を省き、経営の効率性を高める。
  • 異業種異分野によるグループワークが、新たな刺激となり、イノベーションを生む。
  • 参加者自らが施策を構築し、取組を推進させる事がモチベーションを高め、自らの成長を促す。
  • 1年間を通して実施することで、組織への定着、自律を生む。
  • 地域活性化へ繋げる、新たな(産・学・官等の)ネットワークの創出

企業向け紹介

エコプロフィットは、企業様の様々な悩み・ニーズにお応えします。

  • EMSを導入したものの、社内への定着・浸透が思うように進んでいない?
  • EMS本来の目的「経営体質の改善」「環境リスクの低減」よりも、付帯メリット(取引先との取引条件クリア等)を重要視してしまっている?
  • 個別の取組は推進しているが、果たして、全体最適な省エネ・環境改善に繋がっている?
  • 環境経営に取り組みたいけど、何から始めたらいいか分からない。
  • 地域企業としての、存在価値を高めたい、地域貢献を図りたい。

自治体向け紹介

エコプロフィットは、自治体の様々なニーズにお応えいたします。

  • 地域の中小企業のCO2削減の取り組みや環境経営がなかなか広がらず、そうした取り組みを促したいと考えている自治体。
  • 温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画(特に区域政策)の取り組みを模索している自治体。
  • 気候非常事態宣言をしたが、実効性があり地域の企業にも我慢を強いるものでない取組を模索している自治体。
  • Society 5.0実現に向けオープンイノベーションの手法を積極的活用した取り組みを進めたい自治体
  • 地域循環共生圏構築による脱炭素社会・SDGs実現の手法を探っている自治体